いま、どの地方も人口減少という課題に向き合っています。本県も同様で、現状のまま推移すると2060年には120万人まで減少してしまいます。
特に山村地域では、過疎の進行にどのように歯止めをかけられるか知恵を絞っています。

先日、甘楽富岡地区の市町村長さんと意見交換を行う機会がありましたが、空き家の活用、働く場の確保、移住者への支援などに真剣に取り組んでいることを改めて認識することができました。

もちろん、県も人口減少対策はすべての施策の土台であり、群馬に人を呼び込む流れを創出するため、あらゆる施策に取り組んでいるところですが、特に山村地域の未来をどのように描いていくのか真剣に考える必要があります。
職員にも、県庁の中だけで考えるのではなく、地域に足を踏み入れ、その地域の魅力や、課題になっていることを十分に理解したうえで考えるべきであることを伝えました。

幸いなことに、最近は、山村に魅力を感じて都市部から移住してくれる人たちもいます。山村での暮らしを続けてもらえるよう、それぞれの人の立場に寄り添った、実のある支援をしていきます。