新年明けましておめでとうございます。
皆さまには、健やかな新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
恒例のニューイヤー駅伝も穏やかな天候に恵まれて、大勢の方に県庁や沿道で応援していただきました。

今年は、群馬県の新たな羅針盤となる総合計画、人口減少問題を土台に据えた総合戦略がスタートし2年目となります。
群馬県も人口減少に直面していますが、立地や交通の優位性は格段に高まってきており、若者や女性がしっかりと活躍できる群馬県を築いていきたいと思います。

今年、旧知の方からいただいた年賀状に、「山登りをしていると、ほんの20メートル登っただけで見える景色が全く違うことに気づくことがある。そんな小さな努力を楽しむ境地になりたい。」
と書かれていました。
我々県政に携わる者も群馬県発展の為、あと少しの努力を惜しんではいけないなと強く感じました。

また、数学で代数と幾何を学んだことを覚えている方も多いと思いますが、幾何には何通りも解き方があります。同じ回答を導き出すのにも何通りも解くことで、考え方の幅が広がります。
これは仕事にもあてはまることで、県政を進めていくうえで、現場をしっかりと見て、幅広く物事を考えることはとても大切なことです。

新たな発想を持って、群馬を大きく飛躍させるため全力で取り組んでまいりますので、今年も変わらぬご支援をお願い申し上げます。